介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年03月19日 (火) | 編集 |
さて。

ウルトラの話を振っておいて、あえてライダーから来る。ひねくれ猫ゆえご勘弁。

(次回はウルトラの話題ってことで。)

仮面ライダーといえば、

孤独な戦士

とか言うと、むしろ不思議がられるかもですね。


あの。そこのアナタ。孤独な戦士ってイメージは今や、相当過去のモノなんですよ。

いや嘆かわしいとかそういう問題じゃなく。

平成だって、クウガから始まってもう十数年、生まれた子が中学卒業してる。

それだけの時間があって、それだけの作品とファンがある。


いつまでも、ライダーは孤独な戦士 というのはちょっとどうなのかと。


けどまぁ、そう思わせるだけのものも、たしかにあったのですよね…。


以下次回「風の戦士誕生」へ。


ヲタねこ。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11502887720.html



よろしければこちらもどうぞです↑m(_ _)m ねこ話介護話メシ話など。


スポンサーサイト
2013年03月21日 (木) | 編集 |
仮面ライダー

かの名を、「孤独な風の戦士」とイメージできる方は、



爺です。



はいはいはい、ボロクソ上等、ボコありあり。


つぅかさ。


そんなイメージすらない人が大半なんだよね。

ライダー・風の戦士。


ベルトは風車、バイクの名はサイクロン。

知らなかった人も多いだろうね。

何故、ライダーは「風の戦士」?


ふふふふふ 
ヲタ猫。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11494132920.html


2013年03月23日 (土) | 編集 |
仮面ライダーと言えば、日本中で知らない人はいないでしょう。

改造人間という呼び名も印象深かったそれは、肉体改造によるサイボーグ化、

つまり人間そのものの否定から始まっています。言うまでもなく、

「世界征服を企む悪の秘密結社:ショッカー」の悪業。

言わば、科学のダークサイド、悪魔の面を押し出した敵組織。

それに対し、バッタの改造人間、そしてエネルギー源は風、など、

仮面ライダーには、大自然の力をエネルギーにする、という一面があります。


仮面ライダーの戦いは、当初「正義のため」でなく、

「人間の自由を守るため」と呼ばれました。


このあたりは、あくまで  眠猫の推測  ですが。



科学による人間否定 に対し、あくまでも自然の力を借り、

人間の自由を肯定しようという、作り手の意思


ここに、ライダーが風の戦士であった理由があるのでは、と思われます。


そして、もうひとつ重要な理由も。



風の戦士は走り去る に続く…。


ヲタ猫より。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11494132920.html



2013年03月26日 (火) | 編集 |
ヒーローとは、突然現れ、そして突然去る者。

ですが、そのアイテムとして、バイクを本格的に使いこなしたのは、

作風のイメージに大きく影響したでしょう。

そして、見ている子供達への、いい意味での距離感も。


バイクに乗り、革ジャンを着こなしたり、大学の研究生だったり、

リアルの延長線上にいる、「オトナ」っぽいヒーロー

それが、初期ライダーの基本路線だった気がします。


しかし。もう一つ、走り去らねばならない理由が。


彼らがもう、人間ではない事です。


…これはもう、一度一章立てましょう。



走り去るライダーの涙、に続く。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11494132920.html

2013年03月27日 (水) | 編集 |
「立花さん! 俺は戦う! ショッカーの犠牲者は、俺を最後にしたいんだ!」


何よりも、本郷猛、一号ライダーを表す一言だと思います。


体はサイボーグ、だけれど、心は人間のまま。怒り、悲しみ、絶望、

全ての感情を越える、戦いへの意志。これこそが、悲しみを背負う

ライダーの原点です。


だからこそ。


バイクで走り去るその姿に、ふと涙うかぶ切なさが溢れるのだと思います。

孤独。

人間でない、悲しみ。

でも、同じ目に合う人を、少しでも減らしたい!!


だからこそ、もう一人のライダーとの結束が、熱い血をたぎらせるのでした。


もう止まらない、さぁ、ダブルライダー話へ!


ヲタヲタにも程がある猫。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11502887720.html



よろしければこちらもどうぞです↑m(_ _)m ねこ話介護話メシ話など。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。