介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月05日 (水) | 編集 |
ねむねこが、まだ病院勤務の頃です。病院勤務といっても、
精神科でしかも長期療養型病棟だったので、
実質看護助手のやることは、ほぼ介護と同じでした。
オムツ交換、食事介助、入浴介助、ベッドや車椅子への移乗など。

ちょっと体に変調をきたしたので病院に行きました。
「お仕事は何をされていますか?」
ねむねこが答えると
「あぁ~(ハイハイ、ってかまたか)」

どういう変調をきたしたか。介護職の方ならお分かりでは?
そう、「 腰 痛 」

介護職必須の職業病です。
「…そりゃまぁな」と思われた方。なるほど、言いたいことは分かります。

重たい人を担いで車椅子に乗せたりベッドに乗せあげたり、
お風呂に入れたり立ち上がらせたり座らせたり…そりゃ、
体も痛めるわな…

これが、大体の人の介護に対するイメージでしょう。

けど、実はこの時のねむねこは、明らかに修行が足りなかったせいで
ここまで悪化したんですね。
そうならない方法はちゃんとあるのです。
しかも、それは本来、介護の資格者なら絶対頭にあるはずの方法。

当時で言うヘルパー2級、今で言う初任者研修で、絶対習っています。
ボディメカニクス
知らないはずはないんです。

この項、続きます…。


スポンサーサイト
2014年11月06日 (木) | 編集 |
ボディメカニクス。知らない人にはなんか凄い専門知識みたいに
聞こえそうです。が、一つ一つはとても簡単なこと。
例えば。ベッドに寝ている方を着替えさせたりなどする時。

ついつい、立った姿勢のままで上半身を前かがみにしたりしがちです。
あるいは、膝をかがめるだけとか。

はい、もうダウト。

ボディメカニクス的には、 がばっ と、足を開いて腰を落とす、が本当です。
…ん? そう、分かりますよ。
急いで次々こなすから、そんな所まで気を回す余裕がない、とか?
わざわざそんな格好したくないとか?

…そう、結局みんな、それで腰を痛めることが多いんです。
確かに、現場で実際の介護作業の時に、いちいち教科書通りには
できないのも分かります。
でもね。

結局は、自分の体は自分で守るしかないんですからね。

タイトルの一言は、自分が介護福祉士の受験前に、実技試験の
免除講習を受けた時の、講師の女性の言葉です。

ちょっと極論な言い方ですが、
「みんな必要以上に自分の体に負担をかけてるよ?」
という意味に思えました。

本当に、ごくわずかの手間なはずなんです。
両腕を左右に伸ばして寝ている人を、ベッドの枕側にずらすのに、
ちょっと腕を胸の前で組んでもらうだけで、負荷が大幅に減ります。

仰向けの人に、横を向いてもらう時、ちょっと手伝って膝を曲げてもらえば、
その膝と肩に手を置いて回せば、いとも簡単に横を向けます。

ついつい、そこで横着というか、ひと手間惜しんで、結局自分の体に
無駄に負担をかけ、結果体を痛めてませんか?

…っと、もちろん過去の自分に全部当てはまるからの、
こんな話です。出来てる人は鼻で笑っててください(汗


……もう少し、続きます…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。