介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年05月11日 (土) | 編集 |
承前。「秘密結社ショッカー 世界制覇を企む、悪の組織」より続きます。

人間否定な怪人軍団。それを指揮する「大幹部」なる存在。

ショッカーにおいては、ゾル大佐、死神博士、地獄大使、さらに

ゲルショッカーのブラック将軍。

続くデストロンでは、ドクトルG(ゲー)、キバ男爵、ツバサ大僧正、そして、

ヨロイ元帥。


個性の強い、人間役者が、怪人たちをひれ伏させる存在感で指揮を下す。

このインパクトでも十分でしたが、彼ら大幹部もまた、改造人間、つまり

人間ではない、怪人であることで、悪の改造人間軍団のイメージはさらに強化されました。


まさに、人間の姿でありながら、人間でない怪物たちが、

人間を支配しようという、この恐怖感。


ここに、悪の秘密結社ショッカーの存在感はほぼ頂点を極めたと言っていいかもです。


ゾル大佐の威圧感、死神博士の、ニヤリと笑うだけで背筋の凍る不気味さ、

地獄大使の無法ぶり、ブラック将軍の冷酷さ…。 個性的な俳優陣の、

渾身の演技が、これでもかと強烈な悪役ぶりをアピールします。


…ねむねこ的には、死神博士を演じておられた、故天本英世氏の演技がもう、

恐ろし過ぎました。


その果てに現れた、ショッカー大首領。


蛇だらけの頭、その下に、血走ったのっぺらぼうの中、一つ目の怪物。


…ショッカーの正体は、真正の悪魔?


恐怖を叩き付け続けたショッカー。しかし大首領は不死身のように、

甦り続けるのでした。


…今度は、TVウルトラの原点へ飛びます。

「お茶の間に怪獣」でよろしくです。



宜しければこちらもよろしくです↓猫話介護話メシ話きゃりぱみゅ…ん?


http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11523299191.html
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。