介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年05月18日 (土) | 編集 |

承前。ウルトラの原点「ウルトラQ」について、続けます。

「巨大合成機械の脅威 円谷の、傷だらけの目覚め②」で、ウルトラQには、

「明らかな二路線が併存している」と書きました。
http://nemuneko48.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

また、「お茶の間に怪獣を? 円谷の、傷だらけの目覚め①」では、

円谷の処女作について、「アンバランス」と「WOO」という、二つの企画から

生まれたことに触れました。
http://nemuneko48.blog.fc2.com/blog-entry-115.html

その、二路線についてまとめます。


1.不可思議なドラマ

 SF、ファンタジー、ホラーなど、日常の風景から次第に不思議な物語が

 展開されていく、ドラマ重視の方向性です。今や、レンタル、配信などで

 実作品に触れることはたやすいでしょうし、サブタイトルをいくつか挙げておきます。

 「1/8計画」「悪魔ッ子」「あけてくれ!」「変身」「バルンガ」「カネゴンの繭」など。

 当初、企画、原作なスタッフには、SF作家諸氏も参加されていたようで、

 想定される視聴者の年齢層も高めと見られます。


2.怪獣番組へ

 先に述べた通り、放映局TBS側が推したのが、この方向性。結局のところ、
 
 それは間違い無く「受ける」方向性だったでしょう。当時すでに、円谷監督の

 怪獣映画の魅力は圧倒的でした。それが、毎週毎週TVで見られるとなれば、

 子どもたちが熱狂するのは目に見えていました。幼い手塚眞氏を夢中にさせた、

 放映第一話が、他ならぬこの路線、「ゴメスを倒せ!」だったのは偶然では

 ありません。他にも「ペギラが来た!」「東京氷河期」「ガラダマ」「虹の卵」

 「ガラモンの逆襲」「宇宙からの贈り物」などで、多くの人気怪獣を生んだのも

 この路線です。


この二つの路線は、この後の円谷の作品の方向性に、形を変えて絡み合いながら

くり返し現れ続けます。それが、現在に至る円谷プロの命運にも、影響しているかも

知れないとさえ思います。 まさに「処女作に全てがある」と言われるとおりです。


この項、もう少し続きます。

 
宜しければこちらもよろしくです↓猫話介護話メシ話きゃりぱみゅ…ん?


http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11523299191.html
 
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。