介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年05月23日 (木) | 編集 |
女優としての、秋元才加さんがたどってきたステップについて。


舞台「ローマの休日」についてはもう、このブログでかなりの回数書きました。


舞台劇として、AKB内も含めて、ミュージカル仕立てじゃないいわゆる、

ストレートプレイは、この舞台が初になるんですね。


ですが、すでに何度も書いた通り、素晴らしい感性と、おそらくはたゆまぬ

努力の結果、見事な舞台として演じおおせておられました。


…「ローマ、前半の、とあるヤマ」
http://nemuneko48.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

でも少し触れましたが、しっかりと涙を浮かべることの出来る才加さんは、

いわば「憑依型」なタイプの女優さんじゃないかと。


このことは、「ウルトラマンサーガ」についてツイを繰り返していた頃、

どこかで小耳にはさんだ評価です。


が、たぶん当たっている気がしますね。のちの「ロックオペラモーツァルト」での

コンスタンツェ役へのアプローチなどを見聞きしても、役に対してしっかりと

自分の中でイメージを作り上げる、という作業を丁寧にされているのが

伝わります。


ここまでは、誰しもやることかもしれませんが、この先、おそらくは

その役の中に、自分の心が同化して行く、言わば役に乗り移られるように。

このタイプの役者さんというのは確かにおられ、知る限りでは

大竹しのぶさんがまさにそのタイプのようです。


表情も、台詞のトーンも、見事に演じ分けるという意味で、

かなり様々な役に対応できるのではないかと。



…この項、続きます…。

『「憑依型」の証左? ウルトラマンサーガ:アンナ役補完』へ。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/


よろしければこちらもどうぞです↑m(_ _)m ねこ話介護話メシ話など。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。