介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年06月12日 (水) | 編集 |

承前。

介護職の給与を、「平均で月額27万」とかいう、某NHKでも流れた、

とんでもない誤報について、続けます。


先に述べたように、おそらく相当サンプリングが、業務実態とかけ離れていたと思われます。


非正規雇用や、無資格者など、介護現場には、諸般の事情で低収入な職員が多数います。

しかし、勤務の実態としては、相当数のそうした職員が、現場を支えているのです。

おそらく、「勤続年数〇〇年以上」「正規職員」などという、一般企業並みな

縛りをかけてサンプルを抽出した結果、あり得ないほど高収入な、歪んだ結果が

算定されたのではと思います。


さらに、想定される問題があります。


夜勤手当、です。


かなり多くの職員にとって、夜勤手当は相当貴重な、収入の柱です。

それを足してようやく、手取りで20万前後に届くかどうか、くらいが

(これでも見栄を張って上気味に言ってます)

現場介護職員の実感ではないでしょうか。


ですが、その数字は本給とは別建てであり、つまり、賞与の参考にはなりません。


それらを全部ひっくるめて年収とし、単純に大雑把に、12で割って月収としたのでは

ないでしょうか。

ここまで来るともはや数字の詐術であり、怒りさえ覚えます。


介護職はそんな高額の給料をもらっていません。



…でなければ、離職率の高さは到底説明できません………。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。