介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年06月21日 (金) | 編集 |
このところ、読む人の気をささくれ立たせる記事が続いてる気もしますが、

これちょっとどうかと思いました。

厚労省による、新しい介護指針だそうです。

真面目に読んだら目眩がしました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000101-mai-soci

「介護現場でお姫様抱っこは禁止」

…ま、介護に携わる方は全文読んでみて下さい。

「介護者の腰痛などを防止する」との名目で、


「移乗介助は、人力を原則禁止」

「移乗の際には、リフトやスライディングシートを」

「人力の場合は、身長の近い二人介助が原則」


     できるわけないでしょうが。真面目に言ってるんでしょうか、これ。


スライディングシート、あの。すぐにトイレに行きたいという利用者様を、

シート敷きますからと待たせるのでしょうか?ひっこずってでも早くトイレにと

いうケースの方が、はるかに多いと思いますが。それに、身体状況的に、

そんなもの使えない例も多々あります。指針で勝手に決めつけられても。


それに、リフト? そんなもの備えている施設が、全国にどれだけあるでしょうか。

あったとしたって、立ち上がりの介助とかはとっさな場合がかなりあります。

リフト取りに行っている間に、立ち上がりかけた方が転倒しますけど。

複数の方が同時に立ち上がられる場合はどうするんですか?


さらに頭にくるのは「身長の近い二人が」…そんな都合のいい条件が、

ぎりぎりの人数で三交代しているシフトで、常時揃うわけがない。

二人介助自体が相当ムリです。一人しか絶対いない時間帯がどれだけあるかと。


夜勤帯、起床介助、就床介助、それぞれに二人介助できる現場など、

まずありません。


…ゼイゼイ……よくもまぁ、これだけ机上の空論を並べ立てられたものです。


こんな、薄っぺらな、頭のなかだけで考えたような指針を押し付けられたって、

現場は、従いようもありません。


腰を傷めないためにというなら、ちゃんと実用可能な代案を示すべきです。

そのためには、ちゃんと現場をリサーチすることが絶対に必要です。

現場も知らずに脳内で組み立てた屁理屈を言われても、鼻で笑われるだけです。


…そしてこんな、愚にもつかない指針を決めるために、税金で雇われた人たちが、

無駄な時間を浪費していたかと思うともうね。


全員、特養あたりで一週間くらい研修されたがよろしい。

話はそれからです。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。