介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月04日 (火) | 編集 |
排泄の話はもうしまいにします。

ところで、ねむねこがかつて、
精神科に勤務していた頃 (入院してたんじゃありませんよ、
念のため)、とある患者さんが、ある時とてもねむねこを
心待ちにしてくれていたことがありました。

その方は、若干の妄想もありましたが、基本は穏やかで冗談も
通じる方でしたが、筋ジストロフィーでした。簡単に言えば、
徐々に全身の筋力が落ちていき…という難病です。

その方は力が手足に全く入らず、しかも重かったため、
よくポータブルトイレに座らせる役目をさせて頂きました。
けっこう多量の便と…いやまたかとか言わない(^^;)

重かったりなんだで女性とかは一人では難しく、
ねむねこは出勤するとその人をトイレに座らせていたような
記憶があります。

ある時。自分は法事で何日か職場を休んでいました。(当然届け出て)
その間、その方が他のナースたちをちょっと困らせたらしいのです。

何日も便が出てないから下剤を、と言うナースたちに、普段は
嫌がったりしないその人が、
「ねむねこさんが来てくれたら便は出る、下剤は飲みたくない」と言って
ダダをこねたらしいのです!

忌引きだからしばらく来られないからとさんざん説得され、やっと納得して
下剤に応じてくれたとか。

…これ聞いた時はちょっと涙が出そうでした。普段その人とは、冗談ばかり
言い合っていたのに。

「あなたがいると安心」

これがどれほどの賛辞か。…いやすいませんね。自分も大した経歴では
ないので、これほど信用が表に出た記憶は他にないです。

自慢話みたいですみません。でも、やはり本当は、こうして
人と人の絆や思いやりが、現場で浮かび上がるようなのが、あるべきと言うか、
理想的なのでしょうね。

…はて。なぜまた便の話に…。うむむ?

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。