介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年03月09日 (土) | 編集 |
誰かの手助けがほしいとき。でも素直になれなかったりもする。

すねたり泣いたりも。怒ることも。


介護ってね、人間の、一番原点な、弱いところに立ち会うことが多いんですよね。


その人の本質的なものが出たりする。

取り繕う人、全部さらけ出して笑う人、かつての経験から、自分をちゃんと見据える人、

逆に他人を攻撃する人。


介護が、本当にしんどいかも知れないのは、こうした感情の中に、

拒否的なものが現れた時かもですね。

介護拒否に対する対応は、また別に語ります。けども、そうした弱さを、

手助けしてあげることは、誰もが何処かに持っている感情だとも思います。



だからこそ、誰にでもできる仕事。


反面、それを受け止めきれないこともあり、誰にでもできない仕事でもある。


震災の復興支援に、誰もが何かをしようと、思ったことがあると思います。



介護の根本は、「困っている人を助けてあげたい」です。


ですが、その手を要らないとはねのける人、素直に手を受け取れない人、

そうした人にも手を届かせたい。



介護を仕事とするなら、誰もが思うこと。

どうやって実現するか。そこに、正解がないのが、介護という仕事なんでしょうね。


ねむねこ。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono



よろしければこちらもどうぞです↑m(_ _)m ねこ話介護話メシ話など。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。