介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月08日 (土) | 編集 |
承前。「国民の映画奴隷区と戦艦大和のカレイライス」前編より、続きます。
三谷幸喜演出の舞台に、三谷氏自身のオファーで出演できた、そのこと自体がしかし、
凄いことではあります。いろいろな意味で、確実にキャリアを、経験値を積み上げたでしょう。

「駆け出しの女優」としては、大きな意味のある舞台だったと思います。

さてさて。続いては、映画奴隷区」です。
元はスマホ小説。爆発的なアクセス数に、ついには単行本として発行、さらにコミック化、
そして今回の実写化です。主人公と緊密なヒロインが中心となる展開で、
本郷奏多さんと、秋元才加さんがダブル主演的な扱いでした。

上映映画館探すのに苦労したぞ(^^;)何しろ内容が内容だしねぇ。
ハッキリ言って一昔前で言う、「アングラ」的なヤバイ匂いがプンプンします。

全編に影響する基本設定をまとめます。
「上顎の歯に噛ませることで、バトルに参加できる謎機械」
「バトルに勝った者は、負けたものを絶対服従させられる」
「勝った者がご主人様、負けた者は奴隷」
「ご主人様が負けたら、その奴隷も全部、勝ったご主人様の奴隷になる」

…ヤバそうでしょ(^^) ですが、映画見てるだけでもこれは決して、
グロだの不気味だのだけではない。人間対人間の、支配したい、されたいの
感情が様々に絡み合うさまは、社会のある種縮図とも思える、
意外なテーマの深さを見せます。

w主演の一人、秋元才加さんは、気の強い姉御なキャラが全開かと思いきや、
意外に気弱な一面や、奴隷にされて涙したり、逆に悲惨な奴隷の献身に
必死で謝ったり、と、様々に多彩な顔を見せます。

演技の幅が広い秋元才加さんには、ある意味見事に適役だったと思います。

口で説明できないし、ネタバレしたくないので書きにくいんですよ…
気になった人はレンタルで楽しんでください。ヤバさが背筋をジワリ凍らせる、
ちょっとキケンなエンタメ。

一見の価値はあると思いますよ。

…そして後編に続く…。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。