介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月15日 (土) | 編集 |
介護職で腰痛が全くない、というひとは、いるかもしれませんが少数でしょう。
ねむねこも一時ちょっとばかしキツかったので、予防対策を含めて
多少の勉強はしました。

一番大事なのは 「安静では治らない」 ことです。
むしろ動かすことで、筋肉が動き出し、痛みも改善しやすくなると。

ちなみに先に言っておきますが、病院で検査してもらって、明らかな病名が
付くようなケースは別問題ですよ!!!
そういう方は、ちゃんと医療機関にご相談ください。
ここでいうのは、特別な異常もなく、しかし慢性的な腰痛が続く、という
介護職に多い「病気未満」への対策です。

病院で、問題がないか一応検査だけはしてください。
異常があるのにストレッチして悪化とか最悪ですから。

そうそう、先走っちゃいましたが、ストレッチがその第一歩です。
ただね。これはもう、方法が数えたくなくなるほど山ほどあります。
全部試すのは多分無理だし、基本中の基本だけ、今回はお伝えします。

アカンその1: 「筋肉痛いから休ませておく」
使わない筋肉は怠けます。衰えます。次に使おうと思っても動きにくいです。
…ねむねこは、諸般の事情で、数ヶ月外出できなかったことがありました。
階段のぼるだけで息切れして膝がガクガクしました。

腰の筋肉だけ例外なはずはないですね? 痛いからこそ、鍛えて
痛くなくなるように調整するんです。

とある職場で、腰が痛いという女子に「ストレッチしなきゃ」と軽く言った途端、
その場で全力でグイっと腰をそらしました…Σ(゚д゚lll)

以下で解説するアカンやり方を、いっぺんに二つやってくれましたよ(^^;)

アカンその2: 「グイグイいきおいよく曲げ伸ばし」
筋トレ的にも、あまりお勧めできませんが、ストレッチという意味ではもう、
根本から間違ってます。 ゆっくり筋肉を伸ばします。そして、じわり痛くなって
来たとき、もう少しだけ頑張ってみます。そして、ゆっくりと元に戻します。
これが、ストレッチの大根本です。呼吸と合わせるのがさらにいいんですが、
それはまた次回以降に… Σ(゚д゚lll) 続くのかよ!

アカンその3 :「腰をそらす」
腰をそらす、つまり、全力で大きく伸びをする姿勢ですね。
しかし。よく考えてください。腰の筋肉は、背中とおしり辺をつないでますね?
そらしたらその筋肉は縮みますね? …ストレッチ、ってのは「伸ばす」
って意味なんですが(´・ω・`) 真逆でしょ! 

椅子に座って、おヘソを引っ込めてください。それを意識してると、腰の真ん中、
つまりヘソの裏側あたりの筋肉が、ジワリ引き伸ばされている気がするはずです。
そのまま、右肩を左ひざに、じわじわと近づけてみてください。
くっつけなくていいです!! その方向に動かす、目安として言っただけですから。
そして、アカンその2を思い出してください。ゆっくり、ゆっくり近づけて、
戻す時もゆっくり、ゆっくり戻してください。

そして逆も。左肩を、じわじわと右ひざに。ゆっくりを心がけてください。
出来たら、息を止めずに。これは意外に大事なことです。

「お腹をヘコませ、上半身を軽くねじり、前に倒す」

十回やってみてください。腰の痛みが軽くなることは、ねむねこ的には
絶対的でした。今もしょっちゅうやってます。

れっつとらい! これは本当にマジです。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。