介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月17日 (月) | 編集 |
介護知識の中で出てくる言葉です。

・バーバルコミュニケーション
・ノンバーバルコミュニケーション

うざい外語ですね(^_^;)つまりは、「言葉によるか」「よらないか」

ただそんだけの話なのに。
でも、内容の奥は色々と深いです。

意外に、言葉より有力だったりもします。
身振り、手振りが。

妹尾河童さんという、舞台美術のベテランな方がおられます。
そのセンスを活かして、海外各国へ旅行された際、泊まられたホテルなどの
部屋の具合を天井から見たような見取り図にして付け加えたエッセイ集でも
人気があります。その方の曰く、知人の女性は、世界中どこでも
「日本語で通じたわよ(^^)」だそうですが、

「注釈付きで」その言葉を信じる、と。
「全力で身振り手振りしたに違いない」と。

自分の経験では、発達障害や、重度の認知や、もちろん言語障害の方などは、
口でいくら言っても通じません。むしろ、パントマイム的なアクションの方が。
うちには、ニャーと鳴く生き物がいますが、身振り手振りは、やっぱり通じるんですね。
言葉が通じなくても、動作や表情は、…そして、そのうちにある感情は、
やっぱり通じるものです。

認知の方を猫と一緒にしては失礼でしょうけど…。

伝える意思、努力は、受け止めてもらえるものだと。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。