介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年03月09日 (土) | 編集 |
映画に感じたことを一言でくくると、



「救い、手助け、その連鎖」



誰かが懸命に誰かを救おうとする。でも倒れる。そうしたら、また別の誰かがその手を助ける。


助けた者も倒れることがある。また別の誰かがそれを助ける、さらに手を貸す者がいる!

ありふれたことかもしれない。でもそれが、本当に人と人がつながること!


映画「ウルトラマンサーガ」は、そのことの大切さを、何度も何度も繰り返し語りました。


どれほど泣いたことか。一本の映画でこれほど泣いたことは生涯初めてです。


だから、この映画には、ウルトラマンが人を助ける、だけではなく、

人が、ウルトラマンを助ける描写が何度もあります。


超人的存在を、人間がどうやって助けるのか? それは、その目で見て下さい。


子供だましは、子供も騙せない。


この映画を、必至で応援しまくる日々が、すぐそこに来ていました。


ねむねこ、もう誰も止められまい…
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。