介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年02月26日 (火) | 編集 |
家族での介護は、いろいろな苦難を乗り越えて続けられることと思います。

そのご苦労、察するにあまりあります。また他方、ご家族だからこそできることという部分も多々

おありだと思います。

ただ、できにくい部分というのもあるかなと思うことも、あるのですね。できていらっしゃる方、

そうでない方おられるので、一概には言えないのですが。

認知症状、暴言暴力、
家族での介護は、いろいろな苦難を乗り越えて続けられることと思います。

そのご苦労、察するにあまりあります。また他方、ご家族だからこそできることという部分も多々

おありだと思います。

ただ、できにくい部分というのもあるかなと思うことも、あるのですね。できていらっしゃる方、

そうでない方おられるので、一概には言えないのですが。

認知症状、暴言暴力、不潔行為その他その他、ご家族の日常生活の安寧を脅かすような言動が、

介護の方に見られた場合。


全てではありません。ありませんが、つい感情的な対応になるケースも、多々あるのですね。


僭越ながら、抱え込まずに、施設利用を考えて見られてはと思ったりします。

職員は、ある意味所詮他人ですから、冷静に見ることができると思います。また、誤解を

まねく言い方ですが、勤務時間内限定での関わりであるため、どのような言動であっても、

受け流したり耐えたりが、まだしもしやすいです。


24時間同じ屋根の下。逃げ場のない場合、最悪、介護されているご家族の健康にも

関わることが珍しくないのです。


施設職員を頼ることも考えてみて下さい。 ご家庭での介護には、時として


        「家族だからこその限界」


も、致し方なく立ち現れることが少なくないのです。


ねむねこ。

ブログパーツ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。