介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年03月31日 (日) | 編集 |
今となっては、本郷猛を演じる藤岡弘、氏の大怪我が、ライダーを

シリーズ化するきっかけだった事は、御存知の方も多いと思われます。

ライター諸氏からは「本郷猛の死」という選択肢も推されたらしいですが。


新しいライダーの登場により、番組全体をリニューアルできた結果が、


明るさを増したヒーロー番組らしさにつながったことも、

それもこれも、何かが働いたように、一つのドラマとしても、二人目の

ライダーという存在は、物語の方角も変えて行った感があります。


初期の本郷には、復讐者の面影があります。

しかし、唯一の仲間を得て、生きる意味も補填されたのではと。

むろん、番組としての盛り上がりの凄さは言うまでもないでしょう。


のちに、試行錯誤の中から生み出された、「ウルトラ兄弟のゲスト出演」

に先駆け、番組内で二人のヒーローが、それぞれの戦いを続けていて、

二人が共に戦うこともある! この「ダブルライダー」イベントの

興奮は凄い物でした。


そして、それがまた、シリーズの続編にもつながり、ライダー列伝は

さらなる後継者を生むのですから。


冗談ではなく、怪我の功名もここまで行くと 神がかりです本当に。


ライダー序章:完



もう止めどないヲタ猫。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11494132920.html
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。