介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月10日 (水) | 編集 |
ご存じの方もおられるでしょうが、秋元才加さんが、AKBを卒業することを

発表しました。



………ただ、これについては、あえて、後にまとめて語りたいと思います。


今は、前回最後に残した言葉通り、「ローマの休日」について。

まず。
映画冒頭あたりの、「アン王女のお仕着せな日々」とでもいうべき、

多忙を極める公務、舞踏会その他は全面カットです。あくまでも、ローマの街を楽しむ

アーニャことアン王女と、彼女と遭遇した二人、の関係に焦点が当てられています。


なので、もうろう気味なアンを、ジョーが仕方なく部屋に連れ帰る、ここが

ファーストシーンです。


半ば眠りこけながら、時折妙に威厳のある物言いが飛び出したり、といったあたりが

ここでの見せ場(^^) 吉田栄作さん演じる、新聞記者ジョーも、どうもおかしな子だと

首をひねりがちです。第一、明日は大事な、王女の会見の取材が朝一番に

控えているんですから。本当ならすぐ寝なきゃいかんのです。なのに、

訳の分からない女の子を抱え込んでしまって。しかもその子いろいろヘンだし(^^;)


「私、立っているだけで凛としちゃうんですよ(笑)」とは、「ロックオペラモーツァルト」の

パンフに載った、才加さんの自分評ですが、言い得て妙(^^) 舞台冒頭、二人がそれぞれ眠る

あたりまでの、軽妙なやり取りにも、王女らしさがそこかしこに感じられます。一方、コミカルな

演技もこなす彼女だけに、随所の応答はかなり客席を笑わせてくれました。

アンが暗唱した詩の作者は誰か、という言い合い。

「シェリーだよ、その詩は」

「キーツです!」

「…分かった、今夜だけはキーツでいいから!」


…いきなりのおかしなコンビ、どうなることやら…


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11502887720.html


よろしければこちらもどうぞです↑m(_ _)m ねこ話介護話メシ話など。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。