介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月12日 (金) | 編集 |
舞台版、ローマの休日。第二幕に入る前に、幕間として、この公演周辺の

エピソードをいくつか拾っておきます。その一つは、クライマックスへの重要な

伏線でもあります…。


まずキャスト。

副主人公でもあるジョー・ブラッドレー役は、吉田栄作さん。

かつて「トレンディドラマ」での大活躍を覚えている方も多いでしょう。

年齢が渋さを深めさせ、また、この舞台での

生着替え(女性ファンサービス?(^^;)で垣間見たボディもガッシリ。

いい存在感でした。


ジョーの親友、カメラマン、アーヴイング役は、小倉久寛さん。

映画版より、小倉さんのキャラ故か、優しくていいやつ、な感じが増して

います。コミカルな演技、アドリブの数々は何度も観客を沸かせました。

そして。ジョーと「親友」である部分は、舞台オリジナルな、

大きな伏線の一つになります。


声の出演、川上大洋氏。

舞台上には、三人しか登場しないため、非常に多くの役割を、声で演じ分け、

影から舞台を支えて下さった立役者です。声だけの演じ分けは、

ご本人も大変だったとのこと、ご苦労さまです。


秋元才加さんですが、この舞台以前にも、AKBプロジェクト的には、

いくつかの舞台を経験されているのですよね。

…すみません不勉強で未見です…m(_ _)m


自分的に一番見たいのは「ACT泉鏡花」なのですが。

「ダブルヒロイン」も気になります。いつか、詳細はお伝えできると思います。


幕間その②に、続きます…。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11502887720.html


よろしければこちらもどうぞです↑m(_ _)m ねこ話介護話メシ話など。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。