介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月14日 (日) | 編集 |
才加さんが「ローマです!」と、美しい声を響かせたその時。

客席には、かすかにしゃくりあげる声が、いくつも響いていました。

その前あたりの、ジョーとアンのやり取りに、二人の心が、

誰にも見えない形で寄り添い合ったことを、感じ取れましたから。


…才加さんの声は、よく響くキレイな声です。そのことはまた、別に語りたいほど…。


もうあとは、細かなやり取り…実はここも味があったのです、原作にはない。

ですが、そろそろ、会見も終わります。


去りがたい思い、断ちきりがたい心、…ひとり、ジョーはゆっくりと、

会見場を後にします。…幕が、降ります… 


でも!まだ終わりじゃないのです!!


エンドロールという、素晴らしい締めくくりがありました。



その前に一言だけ。マキノノゾミ氏が、岐阜県可児市の公演の後、

トークショーで語られていたこと。

「あの」大改変を含む、ラスト近くの、原作との変化、その最大の理由は、

「舞台と映画は違う」ことだと言われていました。

映画では、ヘプバーンが会見場でジョーを見つける、そして一瞬の

アップショットで、その心境の変化をほぼ説明してしまう。

けれど、演劇でアップは使えない。ではどうするか、と考えたとき、

それをいくつかの段取りに開く形にしたのだとおっしゃいました。

台詞で。後席の観客にも分かるように。


結果、ジョーとアンのやり取りは、じわりじわりと観客の心に

染みこんでいきます。二人の思いが、ゆっくりと、観客をも巻き込みながら、

再び暖かな光となっていく、会見場でのやり取り。


その頂点が、「ローマです!!」の高らかな、誇らしげな一声だったのです。



高まり、そして一抹の寂しさを肩にまとわせて、ジョーが去ります。

幕が下りたあとには、素晴らしい締めくくりが待っていました。


「永遠なれローマ 素晴らしきエンドロール」へと続きます。

開き直り引っ張りまくり猫



介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11502887720.html


よろしければこちらもどうぞです↑m(_ _)m ねこ話介護話メシ話など。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。