介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月19日 (金) | 編集 |
観客が熱狂したその勢いとは裏腹に、日本映画界の反応は当初、


極めて冷淡だったそうです。あえて名を伏せますが、スタッフの中でも五指に入る

著名な方達も、「あんなものに関わると…」と諌められたという話を、

少なくとも二つ聞いています。



当時の邦画界にとっては、ゴジラはまさに「ゲテモノ」以外の


何物でもなかったようです。



この事は実は、邦画に限った事ではない気もしますけどね。

「人間ドラマを描く」という、一見もっともらしい言い訳で、それ以外の

ジャンルやカテゴリーを、片端から見下す。

小説やドラマなどにおいても、その傾向は長く続き、今に至る、と思っています。


ふた昔ほど前の邦画がそのようだった事は、ともすれば忘れられがちですが、


そのような見方は決して今も滅んでいない、と感じます。



…詳細はまた別に一章を立てて語るべき問題でしょう。



ここではただ一言、言っておきたい。



映画は娯楽ではないのか?  



今もなお、どこかにこの問題は時に顔を出す感じが消えません…。



「ドラマ評価と途絶…怪獣王の孤独」に続きます。


介護職(猫歳生まれ)男子
http://ameblo.jp/nemuneko-dono/entry-11502887720.html



よろしければこちらもどうぞです↑m(_ _)m ねこ話介護話メシ話など。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。