介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月29日 (月) | 編集 |
平和的に語ろうと思っていたのにね。王国の治世についての混乱が

目を覆うばかりなので、つい、辺境の地から望んだ王国の有様について、

要らぬことを述べたい。


意味の分からない人は無視して頂いて結構。


自分だって、あの映画がなかったら、そんな意味さえ知らずに居られた。

あの人のファンになってしまったから…。



かつて見た、今や伝説な古代王国。その治世は、日本中を思うままにした。


いくつかの錯綜したルート。しかし、あり得べき、王国の平和的な

解体への道筋は、すでに明らかだ。その後で、自らが、最も大切な秘宝を

ちゃんと手に入れて立ち去ったことも。


今、その道筋は錯綜を続け、民を混乱と狂乱に陥れる。

一方で、王国ならではの繁栄をこれでもかと歌う、いや、謳う。


群立させた諸国の交配、互いの交換いや交歓、そのそれぞれに、

民に悲喜こもごもを引き起こしては、人々を引き付けるその手腕。



…かつて自分は、初代王国の全盛の頃、大学に講演会に来たその人の話を聞いた。

挙手して質問もした。



…続けていいものか、恐ろしくてならない。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。