介護とヲタのブログです。介護って何?から始めて、よりよい介護とよりよい環境。いつか見たい夢に近づく道を探ります。もう一つの顔は、ヲタ文化語りです。主に特撮方面。時に秋元才加さん。お時間のある方はお付き合いを是非。
満腹感 相互リンク募集中。ご一報いただけるとありがたいです。 相互リンクの依頼はこちらからみんなでつなごう相互リンクの輪
特撮 ブログランキングへ
福祉・介護 ブログランキングへご訪問ありがとうございます! 記念に1クリックお願いします! m(_ _)mにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月18日 (火) | 編集 |
ええぃ! さんざ迷っていたんですが、とうとう本気で刀握って
飛び出しましたよ。

「介護ロボぶった斬り!」な勢いで!

どのメーカーさんも、これだけ大々的に発表するんなら、当然、
覚悟はあるはずです。少々ぶった斬ったところで屁でもないでしょうよ。

介護経験のある者の批判として、むしろ前向きに受け止めていただきたいもんです。

では始めます。まずはパナソニックさん発の、「電動ケアベッド 車椅子機能付き」
が相手です!

ベッドが。縦半分にパカーンと分割されます。
そして電動を作動させると、ベッドがムクムクと起き上がり、車椅子状態に!
つまり、寝ている場所を少し移動させるだけで、起こしたり抱えあげたりせずに、
車椅子への移乗ができます! おお革命的! 便利!

…って浮かれてちゃダメですよ。 これ、毎日このまま使ってたら、
確実に褥瘡が発生します。褥瘡…つまり、「床ずれ」って奴ですね。
自分は実体験したことはないですが(あたりまえか)、相当酷い
痛みがあるようです。皮膚がえぐれていく状態じゃ、当然か。

なぜ褥瘡の発生を言えるのか? このベッド車椅子を常用していたら、
同じ部位がずっと圧力を受け続けます。しかも、電動ベッドの欠点である、
体位のズレによる擦れ圧力を、同じ箇所がずっと受け続けることになります。
肩甲骨周辺、おしり周辺、踵あたり、などなどが、起き上がるたびに擦れ、
寝るたびに擦れ…おいおい。

結局、このベッド車椅子は、寝たきり状態をさらに酷くさせる危険性を
孕んでいます。ずっと使い続けるのは考えものですね。
ある種の利便性は認めますが、褥瘡の危険性を考えないのでしょうか?

ややこしいことに、介護で最も体力を使う一つ、ベッド↔車椅子の移乗が、
意外にも褥瘡を防いでいたとさえ言えます。頭痛いなぁ。

もう一歩、工夫が要る製品だと思います。
褥瘡予防という観点で機能を追加するのは、そう無理じゃないはずです。
一部の高額電動マットレスにあるような、自動体位変換機能とか。

全否定はしません。が、危険な可能性は叩きます。
褥瘡対策をして下さい。言いたいことはそれだけです。


2014年11月17日 (月) | 編集 |
介護知識の中で出てくる言葉です。

・バーバルコミュニケーション
・ノンバーバルコミュニケーション

うざい外語ですね(^_^;)つまりは、「言葉によるか」「よらないか」

ただそんだけの話なのに。
でも、内容の奥は色々と深いです。

意外に、言葉より有力だったりもします。
身振り、手振りが。

妹尾河童さんという、舞台美術のベテランな方がおられます。
そのセンスを活かして、海外各国へ旅行された際、泊まられたホテルなどの
部屋の具合を天井から見たような見取り図にして付け加えたエッセイ集でも
人気があります。その方の曰く、知人の女性は、世界中どこでも
「日本語で通じたわよ(^^)」だそうですが、

「注釈付きで」その言葉を信じる、と。
「全力で身振り手振りしたに違いない」と。

自分の経験では、発達障害や、重度の認知や、もちろん言語障害の方などは、
口でいくら言っても通じません。むしろ、パントマイム的なアクションの方が。
うちには、ニャーと鳴く生き物がいますが、身振り手振りは、やっぱり通じるんですね。
言葉が通じなくても、動作や表情は、…そして、そのうちにある感情は、
やっぱり通じるものです。

認知の方を猫と一緒にしては失礼でしょうけど…。

伝える意思、努力は、受け止めてもらえるものだと。

2014年11月16日 (日) | 編集 |
腰痛ほどじゃないですが、これも介護職にありがちかなぁ。

手荒れ!

介護職はしょっちゅう手を洗ったり、アルコール吹いたりしてますね。
人にもよるんでしょうが、自分はもうガサガサになります。

ハンドクリームとかもありますが、あれ結局手の表面を
コーティングしてるだけで、次に手を洗ったら全部落ちちゃうんですよね。
ケラチナミンとか尿素とか、多少マシかとおもっても、皮膚に
定着しない点はほぼ一緒。

しかし! 唯一例外的な、(ほかにもあったらすいません(^^;)
「手に、皮膚に染み込む」
ハンドケアというかスキンケアというか、強力なブツがあるんですよ!!

それは 「馬油(ばーゆ)」!
女性の方はもうご存知かもですけどね。

文字通り、馬の皮膚から採った油らしいです。
アブラ言うだけあって、塗ってみるともう、最初はぬるぬるギトギト。
自分なんかは、手に多すぎたら顔にも塗っちゃいますよ(^^) 
いや、冗談じゃなく。

何しろ使用者の感想には、「シミが消えた」 「小ジワが減った」
「肌がツヤツヤ」 なんてのがずらり。

…えぇと、なんか妙なクレンジングかコスメのCMかと、でも、
本当にそういう話もあるんです。

シミや小ジワまでは実感ないので保証しません! が、
確かなのはこの馬油、確かに手に、皮膚に、「染み込む」んです。

さっき「塗ってすぐはギトギトぬるぬる」って言いましたよね?
ですが、少し待つと、ヌルヌル感が明らかに減ってきます。

さらに待つと、もう完全に油っぽさが消え去り、肌はサラサラ、
しかし乾いたガサガサ感がなくなり、しっとりしていい感じです。
介護長くやってて、いろいろハンドクリームも試しましたが、こんな
「染み込む」感じは他になかったですね。

馬油の特性として、「人間の皮膚にとてもなじむ」ことと、
「浸透性がとても強い」ことがあるようです。
調べた中に結構言われていたのが、「雑菌なども、一緒にくるんで
染み込む中で無害化する」とか。
…ホントかは知りません。が、複数の記述があるので。

何にせよ、確かに皮膚に沁み込むので、効いている感じは抜群です。
美容的な効果までは保証しませんが、手荒れには確実に効きます。

ただ、欠点が一つね。

塗って間のない時に書類を書かないように。
紙に沁み込んで跡がついたり。そこまで行かなくても、
紙が油っぽくなり、次の人が字を書けない(ボールペンのインクを弾いてしまう)

…えぇそうです。実体験から言ってますよ((+_+)) お気を付けあそばせ。
2014年11月15日 (土) | 編集 |
介護職で腰痛が全くない、というひとは、いるかもしれませんが少数でしょう。
ねむねこも一時ちょっとばかしキツかったので、予防対策を含めて
多少の勉強はしました。

一番大事なのは 「安静では治らない」 ことです。
むしろ動かすことで、筋肉が動き出し、痛みも改善しやすくなると。

ちなみに先に言っておきますが、病院で検査してもらって、明らかな病名が
付くようなケースは別問題ですよ!!!
そういう方は、ちゃんと医療機関にご相談ください。
ここでいうのは、特別な異常もなく、しかし慢性的な腰痛が続く、という
介護職に多い「病気未満」への対策です。

病院で、問題がないか一応検査だけはしてください。
異常があるのにストレッチして悪化とか最悪ですから。

そうそう、先走っちゃいましたが、ストレッチがその第一歩です。
ただね。これはもう、方法が数えたくなくなるほど山ほどあります。
全部試すのは多分無理だし、基本中の基本だけ、今回はお伝えします。

アカンその1: 「筋肉痛いから休ませておく」
使わない筋肉は怠けます。衰えます。次に使おうと思っても動きにくいです。
…ねむねこは、諸般の事情で、数ヶ月外出できなかったことがありました。
階段のぼるだけで息切れして膝がガクガクしました。

腰の筋肉だけ例外なはずはないですね? 痛いからこそ、鍛えて
痛くなくなるように調整するんです。

とある職場で、腰が痛いという女子に「ストレッチしなきゃ」と軽く言った途端、
その場で全力でグイっと腰をそらしました…Σ(゚д゚lll)

以下で解説するアカンやり方を、いっぺんに二つやってくれましたよ(^^;)

アカンその2: 「グイグイいきおいよく曲げ伸ばし」
筋トレ的にも、あまりお勧めできませんが、ストレッチという意味ではもう、
根本から間違ってます。 ゆっくり筋肉を伸ばします。そして、じわり痛くなって
来たとき、もう少しだけ頑張ってみます。そして、ゆっくりと元に戻します。
これが、ストレッチの大根本です。呼吸と合わせるのがさらにいいんですが、
それはまた次回以降に… Σ(゚д゚lll) 続くのかよ!

アカンその3 :「腰をそらす」
腰をそらす、つまり、全力で大きく伸びをする姿勢ですね。
しかし。よく考えてください。腰の筋肉は、背中とおしり辺をつないでますね?
そらしたらその筋肉は縮みますね? …ストレッチ、ってのは「伸ばす」
って意味なんですが(´・ω・`) 真逆でしょ! 

椅子に座って、おヘソを引っ込めてください。それを意識してると、腰の真ん中、
つまりヘソの裏側あたりの筋肉が、ジワリ引き伸ばされている気がするはずです。
そのまま、右肩を左ひざに、じわじわと近づけてみてください。
くっつけなくていいです!! その方向に動かす、目安として言っただけですから。
そして、アカンその2を思い出してください。ゆっくり、ゆっくり近づけて、
戻す時もゆっくり、ゆっくり戻してください。

そして逆も。左肩を、じわじわと右ひざに。ゆっくりを心がけてください。
出来たら、息を止めずに。これは意外に大事なことです。

「お腹をヘコませ、上半身を軽くねじり、前に倒す」

十回やってみてください。腰の痛みが軽くなることは、ねむねこ的には
絶対的でした。今もしょっちゅうやってます。

れっつとらい! これは本当にマジです。


2014年11月14日 (金) | 編集 |
介護に必要な余裕を生む、その秘訣は? 呪文でしょうか?「ID:4yy1du ○×■△…!」 
とか唱えるという(馬鹿はやめましょう。

…実は諸般の事情により、認証のために書けと言われたので、
変な暗号を書き込んだのでしたm(_ _)m ブログの維持のためでした
申し訳ない。

本題に入りますね。

介護職に余裕を生む必須条件は、

「時間の余裕」 「精神の余裕」 「人員の余裕」
これです。

業務がガチガチに詰め込まれていては、
穏やかな対応さえ難しくなります。(時間の余裕)

職場に、怒鳴り声や叱責が飛び交っていると、
職員もギクシャクします。(精神の余裕)

そして、上の二つを生むのが実は、「人員の余裕」なんですよね…。
厚労省により、介護施設は人員配置の定数が決められています。
ですが、ハッキリ言ってこの定数ギリギリいっぱいに、
利用者さんが居る状況では、職員はいっぱいいっぱいの仕事に追われて
アップアップするケースが多いです。

…利用者さんの状態、要介護度などにもよりますが、
要介護度がよくなるケースは少なく、重度化するケースの方が
はるかに多いことを考えると、もう少し人員配置の基準に、
余裕を持たせてもらわないと困りますね。

国の責任にしてるわけじゃないですよ。というか、大元の基準が
国によって決められているので、施設はそれに従うしかないのです。

ここが一番の問題点…はて、厚労省の方々で、これをご存知の方が
どれほどおられるのでしょうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。